宗教ごとに違うお葬式

宗教ごとに違うお葬式

日本ではお葬式の90%が仏式によって執り行われているといわれています。
残りの10%は、神式かキリスト教式が多数。
また、90%を占めている仏教でも、宗派によってお葬式の流れや供養の仕方が違うので、それだけでもずいぶん種類があるもの。
それぞれの宗教のお葬式の方法に影響しているのは死生観の違いです。
死生観が反映されているのが、お葬式なのです。
葬儀の際の香典返しに対する考え方も宗教によってことなります。
香典返しは贈られた方が負担にならないののにしたいものです。