行事に必要なものを誰が購入するか

行事に必要なものを誰が購入するか

子供が産まれると、行事ごとに必要なものを揃えることになります。
行事に必要なものとしては、雛人形・鯉のぼり・兜・七五三の着物・ランドセルなどがありますが、それらを誰が購入するかで揉めてしまう家庭は少なくありません。
一般的には嫁側の両親の購入が常識だとされていますが、自分達で用意したいと考える夫婦や、婿側で用意したいと考える両親もいることから、最近では行事ごとに購入者を変える家庭も増えてきています。
その場合、行事ごとに話し合いをして購入者を決めることになりますが、揉めないようにするためには、全員で費用を出し合って購入する方法もあります。
購入する際は、子供と一緒に店に行き、本人が気に入ったものを選ぶケースが多くなっています。